サービスオフィスとはどんなものか解説しています。

このサイトではサービスオフィスとは何かについてご紹介しています。
一般的なオフィスとの違いに触れていて、気になる疑問の解決にも役立ちます。
このタイプのオフィスには、テーブルや椅子などの家具があるのが一般的です。
一般の事務所のように自分で用意をしなくて良いのが魅力といえます。
他にも様々な魅力があるサービス付きのオフィスなら、従来の事務所よりもビジネスをよりスムーズに進めることが可能になると期待できます。

サービスオフィスとは?一般的なオフィスとの違いと気になる疑問を解決!

サービスオフィスとは?一般的なオフィスとの違いと気になる疑問を解決! サービスオフィス、という名称を聞いたことがあるという人もいるのではないでしょうか。
とはいえまだそれほど一般的な認知度が高くないため、一般的なオフィスとの違いが分からないこともあるものです。
サービスオフィスは賃貸事務所の1つで、オフィスビルの中にオフィス用の個室がいくつもあるのが特徴です。
部屋を契約して賃料を払い使用します。
似ているものにレンタルオフィスがありますが、レンタルオフィスよりも便利なサービスが受けられる場合が多いのが特徴です。
来客対応だけでなく経理や庶務なども任せられるので、様々な不便を解決し便利に使用することができます。
人件費を減らしたり、業務の効率をアップさせたりできるでしょう。

オプションアイテムがサービスオフィスをさらに便利にする

オプションアイテムがサービスオフィスをさらに便利にする オプションアイテムはサービスオフィスをより便利に利用するためのものです。
サービスオフィスのアイテムとしては基本的なものがすでに揃っており、すぐに業務を始めることができます。
机や椅子、電話などはベーシックプランに含まれることが多いでしょう。
一方でコンシェルジュサービスや事業サポート、会議室の利用などはオプションアイテムでサービスオフィスで利用可能となる例もあり、使用を予定している場合には注意が必要です。
これらのサービスは業務の質を高めるだけではなく、スムーズに仕事を進めていく上で重要な役割を果たしてくれます。
電話の取り次ぎをはじめとしたコンシェルジュサービスを契約すれば、かかってくる電話の対応で仕事を中断されずに済むでしょう。
事業サポートを活用すれば、悩んでいた経営に活路を見いだせるかもしれません。
また、会議室も重要な要素です。
外部からの来客を招いて会議を行う場合、スペースが必要になります。
レンタルしている自室では狭すぎる、重要な書類などがあり見られたくないといった場合には、別途会議室を借りることで負担を軽減しながら話を進めることができます。
同じビル内に会議室が備えられていることが多く、使いやすいのもポイントです。

サービスオフィスの便利な秘書サービスが人気

これから起業しようとする方の間で人気のサービスオフィスには、秘書サービスをオプションで付けられるところがあるので人件費を大幅にカットすることができます。
初期コストだけでなく、ランニングコストも削ることができる点がサービスオフィスの良いところです。
サービスオフィスというと、料金が高そうなイメージがありますが実際に事務所を構えて必要な機材をリースしたり秘書を雇ったりすることを考えるとこのサービスを利用した方が安いです。
会社を始めたばかりの時は、利益が増えるまではなるべく出費を抑えたいところですがこうしたサービスを利用することでそれを可能にします。
サービスオフィスのオプションは、秘書サービスだけでなく郵便物の転送やコピー機や電話を使うことができるなどもともとついている設備も豪華です。
自分で購入したリリースにすると高額になるこうした設備も、この方法ならコストをかけずに会社を運営することができる方法です。

サービスオフィスへの注目度が高まっている理由

近年、サービスオフィスやシェアオフィス、コワーキングスペースといったフレキシブルオフィスへの注目度が高まっています。
その市場規模は年々拡大を続けていますが、サービスオフィスをはじめとしたフレキシブルオフィスが注目されるようになった理由は働き方改革にあります。
働き方改革とは、多種多様で柔軟な働き方を自分で選択できるようにする改革のことを指しますが、この改革を推し進めるための施策の一つがテレワークです。
テレワークと聞くと、在宅勤務をイメージする方も多いかと思いますが、テレワークとはICTを活用することで場所や時間を問わずに仕事をする勤務形態のことを指します。
つまり、必ずしも自宅で仕事をする必要はないということです。
サービスオフィスには、オフィス家具やプリンターなどのOA機器、インターネット環境などビジネスに必要な設備が整っているため、自宅での作業が難しいという方にとって最適な環境と言えます。
また、現在のコロナ禍によってテレワークを導入する企業が急増したのも、サービスオフィスへの注目度が高まった要因となっています。

サービスオフィスを利用するデメリットについて

サービスオフィスにはメリットが数多くあって、そのために利用が広がっているのが実態ですが、どんなものにもデメリットはあります。
サービスオフィスで考えられる最大の欠点は、場合によっては他の選択肢よりもコストがかかる可能性があることでしょう。
サービスオフィスとは一種のレンタルであって、比較的短い期間でそのオフィスを借りて利用することを指します。
中長期的な視点で見ると、一般の賃貸契約物件を探したほうが安い値段で借りて利用できるというケースも多いことに注意が必要です。
とくに、サービスという名前が示すとおり、契約にあたって様々な追加的なオプションが用意されていることも多く、確かに便利で有用なものが提供されていたりするのですが、それらをあれもこれもと追加注文していると結果的には相当に割高になってしまうケースもあります。
ただ、このような点をしっかりと認識して利用する限りは役立つものであることもまた間違いありません。

サービスオフィスにおけるチェックポイント

サービスオフィスは、ビジネスに必要な設備や環境を備えている環境に加えて、セキュリティが確保された執務用の個室があるという点がチェックポイントです。
個室は部屋の形式だったり、ボックスの形式だったり様々ですがメリットとしてはなにより通常のオフィス賃貸よりも割安に出来る点になります。
つまり執務室以外の部分は共有スペースを利用することで費用を利用者と按分するので、その分安くできるという仕組みです。
サービスオフィスは会議室やラウンジなどの共用スペースのほか、専属の担当やコンシェルジュが付いているケースもあってサービス内容によって様々な手配もしてくれます。
また共用スペースでの他社との交流を通じて、新たなビジネスチャンスを得られるかもしれません。
特にベンチャー企業やフリーランスなどだと組織としての情報交換が少ないのがデメリットですが、サービスオフィスを利用することでこれらの点を補強できるのも利用されている理由の一つです。

サービスオフィスの利用が向いている業種を見極めよう

サービスオフィスとはレンタルオフィスと同じような位置づけに当たりますが、レンタルオフィスと比べた場合には、さらに高品質なサービスが提供されます。
具体的にはビジネスに必要となる備品を一式、その他にも会議室や秘書サービスなど、サービスが充実しているのが特徴です。
特に来客の多い人、ビジネスの質が高い人には向いていると言えるでしょう。
サービスオフィスに向いている業種としては、弁護士や税理士が挙げられます。
弁護士は法律により地域内の事務所で執務を行わなければならないと定められています。
相談に訪れる顧客や取引先との応接スペースとして使用することができるでしょう。
税理士も事務所を設ける必要があり、顧客からの印象も大切なので、受付のあるオフィスであれば非常に便利です。
さらには宅地建物取引業にも向いています。
地方自治体や国土交通省に事務所の届け出が必要であり、来客も多い業種です。
できるだけ駅から近い場所を選ぶことにより集客率も上がります。

サービスオフィスのおすすめサイトはこちら

サービスオフィスを京都で探す

新着情報

◎2022/3/30

情報を追加しました

> サービスオフィスの便利な秘書サービスが人気
> サービスオフィスへの注目度が高まっている理由
> サービスオフィスを利用するデメリットについて
> サービスオフィスにおけるチェックポイント
> サービスオフィスの利用が向いている業種を見極めよう

◎2022/2/15

サイトを公開しました